アクロコルドンとは?

アクロコルドン

顔や首などにポツポツとした小さなぽつぽつイボができてしまった経験はありませんか?

 

人体にイボができる原因は様々ですが、首まわりにできたイボなら、その正体は「アクロコルドン」の可能性があります。

 

アクロコルドンは首まわりにできやすいことから、巷では「首イボ」と呼ばれているイボの一種です。

 

また、歳を重ねるごとにできやすくなる特徴から、医学的には「老人性疣贅(老人性イボ)」と呼ばれています。

 

一般的に、80歳を超えればほとんどの人の首にアクロコルドンの症状が現れると言われています。


 

しかし若いからといってアクロコルドンができないとは限りません。
アクロコルドンは紫外線・乾燥・摩擦などの皮膚ダメージによって発症するため、生活習慣によっては若い人の首まわりにできることも珍しくないのです。
10代20代でアクロコルドンができることは稀ですが、新陳代謝力の落ちてくる30代からは注意が必要となります。

 

綺麗な肌を保ちたければ常日頃から予防を心がけるのが最適ですが、一度アクロコルドンができてしまったからといって悲観することもありません。
多少時間はかかりますが、アクロコルドンは正しい対処法を行えば高い確率で綺麗に改善することが可能だからです。
ただしアクロコルドンは加齢と共に治りにくくなっていくため、治したければ極力早い段階からケアを行う必要があります。

 

 

アクロコルドンの取り方を学ぼう

 

アクロコルドンを治すために、まずは正しい対処法を学んでいきましょう。
世間ではアクロコルドンの治療法として様々な情報が飛び交っていますが、残念ながらその全てが正しいとは言えません。

 

効果の立証されていない民間療法のような治療法でアクロコルドンを治そうとするのは大変非効率的です。
若いうちに治しておきたいアクロコルドンだからこそ、効率的な改善が見込める「正しい対処法」を知っておく必要があるのです。

 

ここでは、アクロコルドンの治療に効果的な方法を「病院での治療法」と「自宅での治療法」に分けてご紹介します。
また、アクロコルドンの治療方法として昔から流布している「ホメオパシー」の効果についても解説しておきます。

 

 

最もメジャーな液体窒素による治療

液体窒素での治療

 

アクロコルドンの治療法として日本で最もメジャーなのが液体窒素を使用した「凍結治療」です。
凍結治療はアクロコルドンに限らず、イボや腫瘍の治療方法として広く用いられています。

 

簡単に説明すると、凍結治療は「液体窒素でアクロコルドンを凍らせる」という治療法です。
綿棒などに含ませた液体窒素をアクロコルドンに押し付けると、アクロコルドンが一瞬で凍結してポトリと落ちます。
軽い凍傷のようなものなので痛みは伴いますが、現状最も確実な治療法のひとつだといえるでしょう。

 

 

最近人気の炭酸ガスレーザーによる治療

炭酸ガスレーザーでの治療

 

イボ治療において、凍結治療に変わる主流になりつつあるのが「炭酸ガスレーザー治療」です。
炭酸ガスレーザーを直接アクロコルドンに照射し、従来の治療法よりも的確に患部を切除することが可能となった治療法です。

 

レーザー治療には保険が適用されないため、凍結治療よりも料金が高くなってしまうというデメリットがあります。
しかし凍結治療よりも治療時間が短いことや、再発しにくいこと、痛みが少ないことなど、高い料金を払うだけのメリットがあることも事実です。

 

 

自宅にいながら自分取る方法もある

自宅ケア

 

時間はかかりますが、自宅でケアするだけでもアクロコルドンを改善することは可能です。
そもそもアクロコルドンは「ターンオーバーの乱れ」によって発生するため、肌のケアをしっかりと行えば自然治癒する可能性があるのです。

 

顔や首の皮膚はとても薄いため、紫外線・乾燥・摩擦などの影響で大きなダメージを負います。
ダメージが蓄積すると肌のターンオーバーが上手くいかなくなり、古い角質が溜まってアクロコルドンとなってしまうのです。
つまり肌のターンオーバーさえ元に戻れば、病院に行かなくてもアクロコルドンは治せるのです。

 

普段の生活習慣を改めることも大切ですが、アクロコルドンに効果のある「イボケア化粧品」を使うのも良いでしょう。
肌のターンオーバーを促進する働きを持ったイボケア化粧品は、アクロコルドンに悩む方の強い味方になります。

 

ひとくちにイボケア化粧品といっても種類が豊富にあるので、初めて選ぶという方はどれを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。
最終的には自分の肌質に合ったものを見つけて欲しいのですが、初めてなら「ヨクイニン」「あんずエキス」の2成分が含まれているものを選ぶのがオススメです。

 

ヨクイニンとあんずエキスはイボ治療に効果的だと言われている成分で、良質なイボケア化粧品には大抵この2つの成分が配合されています。
ここでは、アクロコルドンに効果的な2つの成分についても解説しておきましょう。

 

ヨクイニン

 

ヨクイニン

ヨクイニンはハトムギの種子から抽出される成分です。
イボの治療に効果があるとして昔から珍重されてきた成分ですが、近年では医学的にもその効果が認められ、皮膚科でもヨクイニンが処方されることがあります。

 

ヨクイニンには様々な薬効があると考えられていますが、アクロコルドンに効果をもたらすのはヨクイニンの持つ「肌のターンオーバー促進効果」です。皮膚表面に溜まった古い角質を落とし、新しい肌を再生させるための手助けをしてくれる働きを持っている頼もしい成分なのです。

 

あんずエキス

 

あんずエキス

あんずエキスは、あんずの種子の中にある「仁」という部分から抽出される成分です。
イボ治療において、あんずエキスはヨクイニンと並ぶほどの効果をもつとされています。

 

あんずエキスの効果の秘密は、肌のターンオーバーを促進する「パルミトレイン酸」などの良質な脂肪酸を多く含んでいることにあります。パルミトレイン酸は人間の肌にもともと含まれている成分ですが、加齢と共に減少していき、次第に肌のターンオーバーの乱れの原因となってしまいます。

 

しかしあんずエキスで減った分のパルミトレイン酸を補うことができれば、アクロコルドンの原因を抑えることも可能になるのです。

 

ヨクイニン&あんずエキス配合のクリアポロン

 

アクロコルドンのケアに高い効果が期待できるヨクイニン&あんずエキス。
この両方を含んでいる製品はいくつかありますが、クチコミが良いのはmenina joue(メニーナ ジュー)から発売されている「クリアポロン」です。

 

 

クリアポロン

 

 

クリアポロンが他の製品と違うのは、ヨクイニンが2種類含まれているという点です。

 

脂溶性の「ハトムギ油」、水溶性の「ハトムギ種子エキス」のWヨクイニンを配合することで、より効果的なイボケアを目指しています。
もちろんあんずエキスも配合されていますし、他ではあまり目にしないイボケア成分「ダーマヴェール」も含まれているので乾燥にも強い仕上がりになっています。

 

日本最大級の化粧品クチコミサイト「アットコスメ」でも、クリアポロンはかなり評判です。

 

 

クリアポロン アットコスメ

 

 

アットコスメでは「クリアポロンを使い始めてから首イボが減ってきた」という意見はもちろん、「肌全体がなめらかになってきた」という意見も多く見受けられました。

 

クリアポロンはイボケアだけに留まらず全身の肌ケア全般に使え、1個につき1ヶ月分の大容量でコスパが良いというのも人気の理由になっているようです。

 

 

⇒ 続きはクリアポロンの公式サイトでご覧ください。

 

ホメオパシーでアクロコルドンは治る?

 

アクロコルドンの治療法として、「ホメオパシー」という方法を信じている方が一定数いらっしゃいます。
ホメオパシーは1800年代のドイツで考案された治療法で、「その病気や症状を起こしうる成分を使って、その病気や症状を治す」という考え方のもとに治療が行われます。
言い換えるなら、「毒を持って毒を制す」というような考え方の治療法です。

 

今でも一部で信じられている治療法ですが、ハッキリ言ってホメオパシーでアクロコルドンを治すことは困難です。
ホメオパシーは一度も公的な承認を受けたことのない治療法で、日本医学会でも正式に「効果が無い」と否定されています。

 

もしホメオパシーを試してアクロコルドンが治ったとしても、それは「放っておいても治る程度の症状だった」ということに過ぎません。
もともとアクロコルドンは病院でも自宅でも治すことが可能な症状なので、わざわざ眉唾物の治療法を試すメリットは無いでしょう。

 

 

病院での治療と自宅で行うケアのメリット・デメリット

病院治療の良い点と悪い点

 

アクロコルドンの治療には、大きく分けて「病院での治療」と「自宅でのケア」があります。
症状の程度にもよるのでどちらが良いとは一概に言えませんが、病院でも自宅でも、それぞれにメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

 

病院でアクロコルドンを治療するメリットを一言でいえば、自宅でのケアよりも「確実」だということです。
凍結治療でもレーザー治療でも、アクロコルドンそのものを切除してしまうのですから確実に治せます。

 

病院で治療することのデメリットは、「お金がかかること」「痛みを伴うこと」などです。
凍結治療なら保険が適用されるので大したことはありませんが、レーザー治療には数万円かかってしまうということも珍しくありません。
逆に、凍結治療はそれなりの痛みを伴うため、アクロコルドンの数が多い場合などは少し覚悟しなければなりません。

 

一方、自宅でケアするメリットとしては、「痛みが無い」「肌そのものが綺麗になる」などが挙げられます。
自宅でのケアは、基本的に「肌のターンオーバーを正常化すること」がポイントとなるため、生活習慣の見直しや肌ケアに重点が置かれます。
直接的な治療はイボケア化粧品などを使って肌のケアを行うくらいですから、痛みもありませんし負担になりません。

 

その代わり、自宅でケアする方法では治るまでにそれなりの時間を要します。
「治療」というよりも「肌のケア」を行うわけですから、アクロコルドンが治るまでの時間と効果には個人差があります。
早くとも1ヶ月、人によっては半年くらいはかかることも珍しくありません。

 

痛みと出費は伴うが確実な「病院での治療」か、時間はかかるが負担の少ない「自宅でのケア」か…
双方に一長一短がありますので、どちらの方法を選ぶかはアナタ次第です。

 

アクロコルドンや老人性イボの取り方について更に詳しく知るならこちらのブログも一読してください。
顔や首の老人性イボを自宅で除去|どの治療法が一番綺麗に取れる?

 

 

アクロコルドンとよく間違われる症状

アクロコルドンに似た症状

 

首まわりのデキモノはアクロコルドンだけではありません。
見た目はアクロコルドンそっくりでも、原因が全く異なる場合もあるので注意が必要です。
ここでは、アクロコルドンとよく間違えられるデキモノの特徴と対処法の違いについて解説していきます。

 

 

スキンタッグとの違いは?

スキンタッグは、アクロコルドンと同じ首イボの一種です。
よく似ているので混同されることもありますが、スキンタッグの方がアクロコルドンよりも一回り大きいことで区別できます。
また、アクロコルドンは扁平に盛り上がっていますが、スキンタッグは球状に盛り上がった形をしています。

 

アクロコルドンを放置しておくと、スキンタッグに変化する場合もあります。
いわばアクロコルドンが初期症状で、進行した状態がスキンタッグだと考えることができるでしょう。

 

ただし、スキンタッグとアクロコルドンの対処法はほとんど同じです。
病院では凍結治療かレーザー治療が用いられることが多く、自宅では肌のターンオーバーを改善することで治していきます。

 

ホクロとの違いは?

アクロコルドンのなかには茶褐色をしているものがあり、よくホクロと間違われてしまいます。
見た目はよく似ていますが、アクロコルドンとホクロでは治療法が根本から違うので特に注意が必要です。

 

そもそもホクロは、皮膚の内側にメラニン色素が集まってできているものなので、外側からケアしても消えることはありません。
一方、アクロコルドンは皮膚の表面にできた古い角質の塊なので、外側から肌のケアを行えば治すことが可能です。

 

首イボ用のケア方法でホクロを薄くしたり消したりすることはまず不可能です。
アクロコルドンと違い、ホクロは自力で治すことができるものではないので、どうしても治したければ皮膚科で相談しましょう。

 

ニキビとの違いは?

首に現れやすいデキモノの代表格ともいえるのがニキビです。
特に男性の場合、ヒゲ剃りの影響で首に細かい傷がつき、ニキビが発症してしまうというケースが多く見られます。

 

ニキビは「アクネ菌」などの細菌が原因で起こる症状です。
アクロコルドンとは違い、肌のケアをするのではなくアクネ菌を死滅させることで治療を試みることができます。
市販のニキビ薬を使って治すこともできますが、健康な方なら放置していても自然治癒することが多い症状でもあります。

 

アクロコルドンは単なる角質の塊なので痛みはありませんが、ニキビは皮膚の内部に細菌が感染している状態なので痛みや痒みを感じることがあります。
見た目がそっくりでも、痛みを感じるようならアクロコルドンではないと判断して良いでしょう。

 

 

アクロコルドンの特徴一覧

 

上記でご紹介した以外にも、アクロコルドンと間違えられがちな症状はいくつもあります。
アクロコルドンは正しい対処法を取れば治せる症状ですが、対処を間違えれば悪化する可能性があることを忘れてはいけません。

 

ここからは、アクロコルドンの特徴を徹底的に解説していきます。
自分にできているのが本当にアクロコルドンなのかを判断するための材料にしてください。

 

 

できやすい年齢は?

「老人性疣贅(老人性イボ)」の別名があることからも分かる通り、アクロコルドンは歳を取るほどに出やすくなる症状です。
しかし肌にダメージを負うことでもアクロコルドンができる可能性は高まってしまうため、若いからといって油断はできません。

 

具体的には、アクロコルドンは30代を超えたあたりからできやすくなると考えられています。
年齢を重ねるごとにアクロコルドンはできやすくなっていき、80代を迎えるころにはほとんどの人にできると言われています。

 

できやすい場所は?

アクロコルドンは皮膚の薄い場所に現れやすい症状です。
そのため、首・顔・デコルテなどに症状が出やすいと言われています。

 

他にも、目元・脇の下・胸・背中・お腹にアクロコルドンができたケースも報告されています。
手のひらや足の裏などの皮膚が分厚い部分を除いては、全身のどこに出来てもおかしくない症状だといえるでしょう。

 

大きさはどれくらい?

一般的にアクロコルドンと呼ばれているのは、直径が1〜2mm程度のものです。
かなり小さいので本人も気づかないことが多いのですが、数十個が同時に現れた場合はそれなりに目立ってしまいます。
首もとを触ってザラザラした感触があったら、ごく小さなアクロコルドンが現れている証拠かもしれません。

 

大きくなる可能性はある?

アクロコルドンは小さなイボですが、放置しておくと大きくなる場合があります。
2mmを超えたものをスキンタッグと呼び、それ以上大きくなると「軟性線維腫」「懸垂性線維腫」と症状名が変わっていきます。

 

首イボのなかで一番大きな懸垂性線維腫になると直径1〜2cmになることもあります。
ここまで大きくなってしまった場合自宅でケアするのは困難なので、病院で切除してもらうことになります。

 

放置しておくのは危険?

アクロコルドンは良性腫瘍の一種なので、放置しておいても健康に害を及ぼすことはありません。
あくまで古い角質の塊に過ぎませんのでご安心ください。

 

ただ、放置し続けるとサイズが大きくなって見た目が悪くなる可能性があります。
慌てる必要はありませんが、アクロコルドンが巨大化する前に肌のケアを心がけたほうが良いでしょう。

 

どんな色をしている?

アクロコルドンは基本的に肌色です。
しかし色には個人差があり、茶褐色に近い色をしている場合もあります。
茶色に近いアクロコルドンは、小さなホクロによく似た外見をしています。

 

痛みを感じることはある?

アクロコルドンができても、痛みを感じることは一切ありません。
そもそもアクロコルドンは古い角質が固まったものなので、内部に神経が通っていないからです。

 

もしも痛みを感じるようなら、それはアクロコルドンではなくニキビやウイルス性イボなどのデキモノだと考えられます。
アクロコルドンとは治療法が全く異なりますので、痛みや痒みを感じたら皮膚科に相談してみましょう。

 

人にうつる可能性はある?

肌のターンオーバーが乱れたことによって発生する症状なので、アクロコルドンが人にうつることは絶対にありません。
アクロコルドンの発生にはウイルスや細菌が関わっていないため、他人にうつりようがないからです。
言ってみれば、怪我が他人にうつらないのと同じです。

 

できやすい人の特徴とは?

日頃から肌にダメージを受けやすい生活を送っている方はアクロコルドンができやすいとされています。
長時間紫外線を浴びる野外で仕事をしている方や、乾燥肌なのに保湿をしていない方、アクセサリーをジャラジャラつけている方などがその典型です。また、もともと肌が弱い方や、遺伝的にアクロコルドンができやすい方がいることも確認されています。

 

再発する可能性はある?

病院で治療を行えばすぐに除去できるアクロコルドンですが、残念ながら再発する可能性が高いとされています。
アクロコルドンは肌のターンオーバーが乱れていることで発生するため、今見えている部分だけを取り去っても、肌のターンオーバーが正常化しない限りは新しく出来てしまうからです。再発を防止するためには、根本的な原因である「肌のターンオーバーの乱れ」を改善することが必要になるでしょう。

 

 

アクロコルドンを予防・改善する5つの対策ポイント

アクロコルドン対策

 

たとえ病院で治療しても、肌がダメージを負ったままだとアクロコルドンは再発します。
再発を抑える意味でも、まずは病院に行かず自宅でのケアを行ってみるのがよいでしょう。

 

自宅でのケアといっても、そこまで難しいことする必要はありません。
肌をいたわって健康的な生活を送るだけでも、アクロコルドンの改善に大きく役立つのです。

 

それでは、アクロコルドン改善に大切な対策ポイントを5つご紹介しましょう。

 

肌をしっかり保湿する

 

肌の乾燥はアクロコルドンの発生リスクを高めます。
特に、乾燥肌の方は日頃から保湿クリームなどを使って肌を保湿しておくことが大切です。
市販品の保湿クリームでも構いませんが、より効果を高めたいならヨクイニンやあんずエキスが配合されたイボケア化粧品を使うのがオススメです。

 

紫外線をできるだけ避ける

 

服で覆い隠すことが難しい首や顔などは、紫外線のダメージをモロに受けてしまいます。
紫外線はアクロコルドン発生の大きな原因となるので、できるだけ浴びないように気を使いましょう。
日差しの強い日中に外出する場合は、刺激の少ないタイプの日焼け止めクリームを使うとよいでしょう。

 

衣服やアクセサリーの摩擦を減らす

 

意外に軽視されがちなのが、衣服やアクセサリーの摩擦です。
自分では気づかなくとも、衣服やアクセサリーは首まわりの皮膚に摩擦を与え、小さな傷をつけているのです。
肌に優しい素材の服を選ぶことや、ネックレスなどのアクセサリーは控えることがアクロコルドン防止にも繋がります。

 

健康的な生活を心がける

 

言ってみればアクロコルドンは「肌荒れ」の一種ですから、普段の生活習慣も大きな発生要因になります。
脂っこい食事や甘いものばかり食べていたり、寝不足やストレスがアクロコルドンに直結する可能性も充分に考えられます。
野菜を取り入れた食生活・早寝早起き・ストレス解消といった健康的な生活を心がけることも、巡り巡ってアクロコルドンの防止になるのです。

 

まずはクリアポロンで対策してみる

クリアポロン

 

 

アクロコルドンは病院で治療することもできますが、病院での治療は痛みを伴うため「最後の手段」として取っておいてもよいでしょう。
先に病院で治療したとしても再発を防止するために自宅でのケアは必須となりますので、まずはクリアポロンを使い始めてしましょう。

 

見た目こそ悪いですが、アクロコルドンが健康に被害を及ぼすことはありませんので慌てて病院に行く必要はないのです。
深刻に考えず、自宅でできることから始めていきましょう。

 

先ほどご紹介したように、自宅でのケアといっても難しいことをするわけではありません。
肌にダメージを与えない健康的な生活を送りつつ、クリアポロンで肌に潤いを与えるだけでもそれなりの効果が見込めます。

 

刺激の強い薬品を使った治療法と違い、クリアポロンの場合は副作用もないので安心です。
そもそも薬ではなく化粧品なので、万が一治りが遅かったとしても逆効果ということにはなりません。
美肌効果の高い成分をたっぷり配合しているので、今後のアクロコルドン再発防止には大いに役立ってくれることでしょう。

 

しっかりと自宅でのケアを行い、それでも全く治らないようなら皮膚科で相談してみましょう。
肌の状態を改善しても治らないデキモノなら、他に何らかの原因があるのかもしれません。

 

 

⇒ クリアポロンの詳細は公式サイトでご覧いただけます。

アクロコルドンを予防・改善する5つの対策ポイント