お尻に小さなぶつぶつイボができ始めたら要注意!

頻繁に他人に見せる部分ではないとはいえ、女性ならお尻は綺麗に保ちたいものですよね。
顔や首まわりなどに比べるとお尻のスキンケアは怠られがちですが、実をいうとお尻は意外に肌トラブルが起こりやすい部分でもあるんです。

 

特に、自分のお尻を軽く撫でてみてザラザラっとした感触があったら要注意だといえるでしょう。
お尻のイボは放置するとどんどん増えてしまう恐れがあります。

 

最初は小さなイボが数個だけできる程度でも、歳を重ねるにつれてイボだらけの汚いお尻になってしまいかねません。
こうした事態を避けるためには、お尻にも使用できるスキンケア用品などを用いて、お尻のケアを行うのがよいでしょう。

 

詳しくはこの後の項目でご説明しますが、肌のブツブツを綺麗にケアしてくれる「クリアポロン」などのスキンケア用品を使えば、病院に行かなくても自宅でブツブツケアを行うことが可能になります。

 

今回は女性にとって大きな悩みとなる「お尻のイボ」の原因や取り方について詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

お尻イボの正体は「アクロコルドン」かも!?

お尻にイボができる原因はいくつか考えられますが、最も怪しいのが「アクロコルドン」という症状です。
アクロコルドンは加齢と共に発生する「老人性イボ」の一種で、良性の皮膚疾患とされているものです。

 

人間の肌は「ターンオーバー」というサイクルを通して古い角質と新しい角質の入れ替えを行っています。
しかし何らかの原因でターンオーバーが乱れると、本来なら自然と剥がれ落ちるはずの古い角質が皮膚表面に留まってしまいます。

 

古い角質が落ちないまま、その下から新しい角質がどんどん皮膚を押し上げていくことで皮膚の一部が膨らみ、外からは「イボ」に見えるようになるのです。つまり、アクロコルドンとは古い角質の塊、角質粒なのです。

 

アクロコルドンは決して特殊な病気ではなく、歳を重ねると誰にでもでき得る症状です。
10代〜20代でアクロコルドンができることは稀ですが、30代に入ったころからはいつアクロコルドンに悩まされ始めてもおかしくはありません。
なんと、80代を過ぎるとほとんどの人にはアクロコルドンをはじめとした老人性イボがあるという研究結果が出ているほどです。

お尻にアクロコルドンができてしまう原因とは?

hお尻のイボの原因はアクロコルドンである可能性が高いとご説明しましたが、ではそのアクロコルドンはどのような原因でできてしまうのでしょうか?
よく「加齢によって発生する」と説明されるアクロコルドンですが、実は単に歳をとったから発生するというだけではないのです。

 

アクロコルドンができる原因をひとことで説明するなら「肌ダメージの蓄積」だといえます。

 

人間の肌は外部からの刺激などでダメージを負うことがわかっており、肌ダメージが蓄積するとターンオーバーが乱れやすくなります。
ターンオーバーが乱れると、そのままアクロコルドンが発生するメカニズムと直結してしまうというわけです。

 

それでは、アクロコルドンの発生と密接に関わっている3つの原因をご紹介しておきましょう。
普段からこれらの原因を避けるよう心がけるだけでも、アクロコルドンが発生するリスクを減らすことができるはずです。

 

摩擦

 

自分で考えている以上に、人間の肌というものは「摩擦」に弱いものです。
継続的に摩擦を受けていると、肌は身を守るために固い角質の層を作ってしまい、ザラザラになってしまいます。

 

お尻の場合、下着との摩擦が大きな原因となります。
肌との相性が悪い下着や、摩擦力の強い刺繍やレースの入った下着を履いていたりすると、歩いているだけでもお尻に摩擦がかかってしまいます。
アクロコルドンが発生していることに気づいたら、下着の種類を見直してみるのもひとつの対策法になるでしょう。

 

圧迫

 

お尻の肌トラブルの大きな原因のひとつになるのが「圧迫」です。
長時間座り続けるとお尻が圧迫され、肌のターンオーバーに影響を与える可能性があるのです。

 

日常的に座る時間の長いデスクワークや、ドライバーなどの仕事に従事している人は特に注意が必要です。
仕事の合間に定期的に立ち上がって軽いストレッチなどを行い、お尻への圧迫を開放してあげるようにしたほうがよいでしょう。

 

蒸れ

 

日常生活のなかで、お尻はずっと風通しの悪い場所にあります。
下着を履いて、その上からさらにズボンを履いた状態は、実はお尻にかなりの「蒸れ」を与えてしまいます。
普段からジーンズなどの風通しが悪いボトムスを履いている人などは要注意です。

 

蒸れが気になる方は、ジーンズの代わりにスカートを着用するのがよいでしょう。
仕事柄ジーンズを履かざるを得ないという方は、こまめに着替えるなどの工夫が必要になります。

お尻にイボができたときの対処法とは

原因を徹底的に排除する

 

アクロコルドンはとても再発しやすい症状なので、薬などを使って治してもまた発生することを覚悟しなくてはなりません。
再発リスクを下げるためには、原因から断つというのが最も効率的であるといえるでしょう。

 

アクロコルドンの主な原因となる「摩擦」「圧迫」「蒸れ」などに思い当たる節があれば、それぞれ小まめに対処していきます。
肌ダメージを蓄積させる原因が取り除かれればターンオーバーが正常化しやすくなり、若い人なら3ヶ月程度で自然治癒する可能性もあります。

 

生活習慣の見直し

 

先ほどご紹介した原因以外にも、アクロコルドンを発生させる要因はいくつもあります。
一見無関係に見えるような「生活習慣の乱れ」が、間接的とはいえアクロコルドンの発生に繋がることがあるのです。

 

例えば、不規則な食生活や睡眠不足といった要因もお尻のイボを発生させることがあります。

 

冷静に考えれば、肌を再生させるための栄養は食事から摂るものですし、皮膚は寝ている間に再生するものなので睡眠が足りなければ肌が荒れるのは当たり前ですね。即効性のある対処法ではありませんが、お尻にイボができたら生活習慣を見直すことも必要だといえます。

 

クリアポロンなどのケア用品を使う

 

自宅でイボのケアをするなら、化粧品メーカーが製造しているイボケア化粧品を使うのがオススメです。
ネットで手軽に購入できるイボケア化粧品はいくつもありますが、口コミ評価がよいものとしては「クリアポロン」がオススメです。

 

クリアポロンは医薬品ではないため即効性こそありませんが、副作用を気にせず安心してイボのケアを行えます。
気になる部分に塗るだけで簡単に肌質改善を目指すことが可能なので、気になる方はぜひ公式サイトを覗いてみてください。

お尻のぶつぶつイボは放置するとヤバい?

お尻のイボは放置しておくと増えてしまう恐れがあります。
仮に原因がアクロコルドンだった場合、すでに肌のターンオーバーが乱れているという証拠だからです。

 

ただし、お尻にアクロコルドンができていても健康に害を及ぼすことはないのでひとまず安心してください。
アクロコルドンは「良性腫瘍」と呼ばれるもので、それ自体が命を脅かすような症状を引き起こすことはありません。

 

いってみれば、アクロコルドンがもたらす害は「見た目が悪い」という一点につきます。
お尻が汚くても全く構わないという方なら放置していても大した問題はありませんが、綺麗なお尻に戻したいという方は早めに対処したほうがよいといえるでしょう。

お尻のイボは皮膚科で治すことも可能

お尻のイボは「クリアポロン」などを使って自宅ケアする人が多い症状です。
しかしクリアポロンは医薬品ではないため、その効果が現れるまでには個人差があるのも事実です。

 

そこで、一刻も早く治したいという方は皮膚科などの病院で相談してみるのがよいでしょう。
皮膚科や美容外科を受診すれば、お尻にイボにもちゃんと対処してもらえます。

 

ここでは、病院でお尻のイボを治療する際の代表的な方法についてご紹介しておきます。

 

凍結治療

 

アクロコルドンの治療法として昔から用いられてきたのが「凍結治療」と呼ばれる方法です。
凍結治療とは、液体窒素を使って患部に軽度の凍傷を起こし、そのまま焼き切ってしまうという治療法です。

 

凍結治療を行うメリットは大きく分けて2つ

 

  1. 治療費が安く済むこと
  2. 全国のほとんどの病院で対処してもらえること

 

逆にデメリットとしては「痛みを伴うこと」「再発の可能性が高いこと」などが挙げられます。

 

サイズが大きく数の少ないイボに対してよく用いられる方法ですが、アクロコルドンのように数が多いイボには不向きだとされる場合があります。
あまりにも数が多いと傷跡が残りやすくなってしまうため、凍結治療を行うかどうかの判断はお医者さんに任せましょう。

 

レーザー治療

 

長年に渡ってイボ治療の最前線だった凍結治療に代わり、現在のイボ治療の主流になりつつあるのがレーザー治療です。
炭酸ガスレーザーをイボに照射することで、一瞬でイボそのものを蒸発させてしまうという画期的な方法です。

 

レーザー治療のメリットは大きく分けて3つ

 

  1. 痛みが少ない
  2. 凍結治療よりも再発率が低い
  3. 数が多いイボにも対処可能

 

かなりメリットの多い治療法ですが、残念ながら現在、イボのレーザー治療は保険適用外となっているため「治療費が高額になる」というデメリットがあります。また、レーザー治療には専用の機械が必要になるため、全国どこの病院でも受けられる治療ではありません。

 

皮膚科の無い病院などでは対処できない可能性が高いので、美容外科のある専門の病院を探す必要もあります。

お尻のアクロコルドンと見間違えやすい症状とは?

最もお尻にできやすいイボはアクロコルドンをはじめとした老人性イボですが、ここで100%だと断言することはできません。
なぜなら、お尻にできるイボのなかにはアクロコルドンとよく見間違えられる症状がいくつか存在するからです。

 

アクロコルドンと間違えられがちな症状のなかには、自宅でのケアだけでは治せないものもあるので注意が必要です。
もしも痛みや痒みを感じたり、症状が一向に改善しない場合などはアクロコルドン以外の症状を疑ってみましょう。
症状によっては、一刻も早く病院で治療する必要が生じる場合もあります。

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

「毛孔性苔癬」とは肌の表面に小さなブツブツができる皮膚疾患の一種です。
お尻はもちろん、二の腕や太ももといった場所に発生することもあります。

 

加齢と共に発生しやすくなるアクロコルドンと違い、毛孔性苔癬は若い人ほど発生リスクが高いと考えられています。
30代を超えると徐々に治っていく人が多いとされていますが、何歳になっても全く改善が見られないというケースも珍しくはありません。
遺伝的な要素が強いとされていますが、いまだに原因などが詳しく分かっていない不思議な症状です。

 

毛孔性苔癬は自宅でケアするよりも、病院で治療したほうが改善の可能性が高い症状です。
レーザー治療やケミカルピーリングといった方法を使うことで、再発の可能性はありますがひとまず症状を治めることが可能です。

 

粉瘤(ふんりゅう)

 

アクロコルドンと間違われやすい症状のなかで、最も注意したいのが「粉瘤」です。

 

毛孔性苔癬やお尻ニキビなどは健康に大きな被害をもたらしませんが、粉瘤は化膿したり、稀にガン化する危険性まで秘めている危険な症状です。
ガン化することは稀だとされてはいますが、男性のお尻にできた粉瘤はガン化するケースが多いとされています。

 

粉瘤はまず自宅でのケアでは治せません。皮膚の下に膿のようなものが溜まっている状態なので、治療のためには外科手術を行う必要があります。
もしも粉瘤の疑いがあると感じたら、速やかに病院にいって診断してもらうようにしましょう。

 

お尻ニキビ

 

粉瘤に次いで多いのが「お尻ニキビ」です。
顔にニキビができるのとメカニズムは同じで、お尻の毛穴にニキビの原因となる「アクネ菌」が感染するとお尻ニキビができます。

 

アクロコルドンができても痛みや痒みを全く感じませんが、お尻ニキビには痛みが伴う場合があります。
症状には個人差がありますが、お尻のイボに痛みを感じたり、やや赤みがかっているように見える場合はお尻ニキビを疑ってみてもよいでしょう。

 

お尻ニキビとアクロコルドンの両方に効果のあるケア用品もありますが、ニキビ専用の医薬品を使用することで治療するのが一般的です。

お尻イボには、どう考えてもクリアポロンが効果的!

お尻にイボができてしまったら、「クリアポロン」を使用するのが最もオススメです。
クリアポロンはイボの症状改善に特化したスキンケア用品で、塗るだけで肌のターンオーバーを促進するスグレモノです。

 

実は、クリアポロンには昔からイボの治療に用いられてきたヨクイニンなどの美容成分が配合されています。
ヨクイニンはハトムギの種子から抽出されるエキスで、肌のターンオーバーを促進する働きを持っていることで知られています。
他にも、イボの改善効果が期待できる「あんずエキス」や「ダーマヴェール」など、貴重な成分をしっかりと含んでいます。

 

また、クリアポロンは肌に優しい成分を使って製造されているので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます。
イボケア化粧品と呼ばれる製品は他にもいくつかありますが、クリアポロンはそのなかでも口コミ評価1・2を争う人気商品となっているのです。

 

クリアポロンはどこで購入できる?

 

お尻にイボに悩む方にオススメしたいクリアポロンですが、残念ながら街のドラッグストアでは手に入りません。
類似品との混同を防ぐため、クリアポロンは現在公式サイトのみの限定販売になっているからです。

 

Amazonや楽天といった大手ネットショップでもクリアポロンの取り扱いはありませんので、購入したい方はクリアポロンの公式サイトにアクセスしてください。公式サイトにはそのまま購入申し込みができる入力フォームも用意されているので、全国どこからでも手軽に注文することができますよ。

 

クリアポロンを最安値で購入する裏ワザとは

 

クリアポロンを試してみたいけど、効果があるかどうか解らないから高いお金はかけたくない…なんて方も多いかと思います。
そこで、ここではクリアポロンをお買い得に購入する裏ワザをご紹介しておきましょう。

 

裏ワザといっても、その方法はいたってシンプルです。
クリアポロンは普通に注文するよりも、定期コースから注文するだけでかなり値段が安くなるからです。

 

通常購入では約1ヶ月分で6.800円するクリアポロンですが、定期コースの場合は初回1.800円で購入できます。
実に定価の73%オフという驚愕のプライスダウンです。

 

しかも通常購入の場合は送料として別途650円がかかりますが、定期コースは送料も無料です。
その他、定期コースだけの「フルーツの雫 ピール石鹸」無料プレゼントなどのサービスもありますので、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

 

クリアポロンの定期コースを解約することはできる?

 

クリアポロンの定期コースを解約するためには、「最低3回の受け取り」という条件を満たす必要があります。

 

なにせ、初回は定価の73%オフ・2回目以降もずーっと20%オフという破格での購入ということになりますので、どうしても最低受け取り回数の制限がついてしまうのもやむを得ません。ただし、3回目の受け取りさえ済んでいれば、いつでも気軽に定期コースを解約することが可能です。

 

解約の方法も簡単で、クリアポロンを製造しているメーカー「メニーナジュー」のお客様コールセンターに電話を入れるだけでOKです。
定期コースを解約したいという旨を伝えるだけで、特に引き止められるようなこともなくすんなりと解約できてしまいますよ。

お尻のイボは冷静にケアすれば治せます!

ここまでお尻のイボについて様々な情報をお伝えしてきましたが、総じて言いたいのは「慌てる必要はない」ということです。

 

ある日突然お尻にイボができたとき、「なにか深刻な病気の前触れではないか…」なんて心配してしまう方もいるかもしれませんが、多くの場合は単なる肌トラブルです。

 

特に、アクロコルドンが原因となっている場合は病院に行くまでもなく、自宅でケアするだけで改善するケースも多いので冷静に対処することが大切だといえます。お尻にアクロコルドンができていたら、今回ご紹介したクリアポロンを使うなどの対処法を試してみてください。

 

放置しておいてもなかなか治らないアクロコルドンですが、生活習慣を正し、クリアポロンで角質ケアを行えばツルツルのお尻を取り戻すことも不可能ではないはずですよ。ちなみに、クリアポロンについてもっと詳しく知りたいという方は公式サイトにアクセスしてみてください。

 

クリアポロンの公式サイトは注文フォームだけでなく、どうしてクリアポロンがイボに作用するのかというメカニズムや口コミなど有益な情報がしっかりとまとめられているので、イボに悩む方なら読んで損はないはずですよ。