脇の下にナゾのイボができた経験はありませんか?

顔や首まわりなどにイボができないようスキンケアを続けている女性は多いかと思いますが、「脇の下」は意外に盲点となりがちです。
今この記事をお読みになっている方のなかにも、「脇のスキンケア」をしっかりと行っているという女性はそう多くないのではないでしょうか。

 

確かに脇の下は、顔や首まわりに比べれば、頻繁に人に見せるような部分ではないかもしれません。
しかし「イボのできやすさ」という観点からいえば、脇の下のイボのできやすさは、顔や首まわりと大差ないとも言えます。
なぜなら「老人性イボ」などは皮膚の薄い部分ほど発生リスクが高まるとされており、一方で脇の下の皮膚は非常に薄いからです。

 

このように、脇の下はちょっとしたきっかけでイボができるケースが珍しくない場所です。
もしもアナタが脇の下のイボでお悩みならば、しっかりと原因を突き止めて正しい対処を行う必要があるといえるでしょう。

脇の下のイボの原因とは

脇の下にできるイボには、いくつかの原因が考えられます。

 

症状によっては自宅で手軽に対処できるケースもありますが、自分で下手に治療を試みるよりも病院で診てもらったほうが良いケースもあります。
自宅でできる脇の下のイボの対処法を実行する前に、まずは発生している症状が本当に自宅でケアできるタイプのものなのか正しく判断しておきましょう。

 

アクロコルドン(老人性イボ)

 

脇の下にできるイボのなかで、最もメジャーな症状のひとつが「アクロコルドン」です。
アクロコルドンとは加齢に伴って発生する「老人性イボ」の一種であり、老人性イボのなかでも直径が1〜2mm程度のものがそう呼ばれます。

 

脇の下のイボの正体がアクロコルドンだった場合、ひとまず安心してよいでしょう。
アクロコルドンは放置しておくとどんどん増える厄介な症状ではありますが、自宅でしっかりと対処すれば自然に治る可能性の高い症状だからです。

 

また、アクロコルドンは「良性腫瘍」と呼ばれるイボであり、仮に放置しておいても健康に大きな被害を及ぼすことはありません。
痛みを感じることもなければ、そこから悪性腫瘍に変化するといった危険性もほとんど考えられません。

 

アクロコルドンの改善法や原因については次の項目で詳しくご説明いたします。

 

ウイルス性イボ

 

脇の下にできるイボのなかでも注意が必要なのが「ウイルス性イボ」です。

 

その名のとおり「ヒトパピローマウイルス」という名のウイルスが皮膚に感染して起こるイボで、放置しておくとアクロコルドンとは比にならないスピードで増殖していきます。
免疫力の強い人なら、仮にウイルス性イボに感染しても数ヶ月以内に自然治癒することがほとんどですが、他の人にうつる恐れもあるので早急に治療することをオススメします。

 

原因となるヒトパピローマウイルスは現在確認されているだけでも150種類以上が存在し、ウイルス性イボの症状は感染するウイルスの種類によっても変わります。
なかには感染力が強いタイプのウイルスも存在しますので、ウイルス性イボができたら症状が悪化する前に皮膚科を受診するようにしましょう。

 

ニキビ

 

顔にできる皮膚疾患というイメージが強いニキビですが、実は毛穴がある場所ならどこにでもできる可能性があります。
もちろん脇の下も例外ではなく、脇の下の毛穴に「アクネ菌」が感染することでニキビが発生するというケースは珍しくもないのです。

 

アクロコルドンのような良性腫瘍と比べると、ニキビには痛みや痒みといった症状が伴います。
また、ニキビの場合は患部全体が赤みを帯びていたり、毛穴の部分が芯のように見えることもあります。
アクロコルドンで痛みを感じることはありえないので、もしも脇の下のイボから痛みを感じたらニキビを疑ってみてもよいでしょう。

 

ニキビができた場合は、殺菌力のある成分を含んだ医薬品を使用して治療を行います。
アクロコルドンの改善に用いるイボケア化粧品を使っても効果が発揮されないこともあるので、ニキビには専用の医薬品を選ぶようにしましょう。

脇の下のアクロコルドンはどうしてできる?

脇の下にできるイボをいくつかご紹介しましたが、やはり一番可能性が高いもののひとつが「アクロコルドン(老人性イボ)」です。
アクロコルドンは一般的に「加齢と共にできやすくなる」とされている症状ですが、実は近年の研究でその発生には「肌ダメージ」が大きく関わっていることがわかってきています。

 

そもそもアクロコルドンができる原因は「肌のターンオーバーの乱れ」です。
人間の肌はターンオーバーというサイクルを通して健康を保っており、古い皮膚を落として新しい皮膚と入れ替えるという循環を自動的に繰り返します。
しかし歳をとるとターンオーバーが上手くいかなくなるため、古い皮膚が蓄積してイボになってしまうというわけです。

 

このため「加齢と共にできやすくなる」と考えられてきたアクロコルドンですが、肌のターンオーバーは加齢だけでなく、「肌ダメージの蓄積」によっても乱れやすくなることが判明しました。
肌は日常のちょっとした要素でダメージを受けてしまうことがあり、ダメージが蓄積するとターンオーバーを乱す原因になってしまいます。

 

つまり、アクロコルドンを防ぐためには「肌ダメージを蓄積させない」ということが大切になるわけです。
ここでは、日常生活の中で肌ダメージを蓄積させてしまう原因を3つご紹介しておきましょう。

 

原因その1:摩擦

 

脇にアクロコルドンができてしまう原因のひとつが「摩擦」です。
皮膚は意外なほど摩擦に弱く、長時間連続して摩擦を受け続けると自己防衛反応として角質を分厚くしようとします。
つまり、人間は無意識のうちに摩擦から脇を守ろうとして古い角質を溜めてしまう恐れがあるのです。

 

脇の場合、ただでさえ腕と胴体の擦れによって摩擦にさらされ続けている状態にあります。
そこへ洋服との摩擦が加わることで、脇は日常的に大きなダメージを受けてしまうことになります。

 

実は、本来ワキ毛はこうした摩擦から皮膚を守るために生えているものです。
ワキ毛をしっかり処理している方ほど、摩擦による脇の肌ダメージを受ける可能性が高くなってしまうことを頭に入れておきましょう。

 

原因その2:乾燥

 

スキンケアの世界では「保湿」の大切さがよく説かれています。
保湿が重要なのは何も顔や首まわりだけでなく、実は脇にとっても必要なケアなのです。

 

医師のなかには、アクロコルドンが発生する最大の原因を「乾燥」だと考えている方もいるほどです。
脇の皮膚が乾燥するとターンオーバーが乱れてしまい、アクロコルドンの発生リスクを一気に高めてしまいます。
蒸れ対策も大切ですが、だからといって脇は乾燥させてもいけない難しい部分なのです。

 

脇の保湿は少し難しいように思われがちですが、イボケア化粧品を使うことで手軽に保湿&アクロコルドン対策を行うことが可能です。
「艶つや習慣」などは全身にくまなく使用することもできますので、脇の下のイボに悩む方にはオススメです。

 

原因その3:紫外線

 

夏場など、脇の空いた服を着ることが多い方に注意してもらいたいのが紫外線です。
「紫外線は肌の天敵!」というのは女性にとって常識ですが、日焼け止めなどのケアを脇までしっかり行っている方は少数派です。
日に当たらないように見える脇も、服装次第ではしっかり紫外線の直撃を受けているので注意が必要です。

 

肌のターンオーバーは、紫外線によって簡単に乱されてしまいます。
日に焼けている人はシワやイボが多いイメージがあるかと思いますが、これは紫外線に晒されている人ほど若いうちからターンオーバーが乱れるためです。
常日頃から紫外線対策をすることは、アクロコルドンを防止するために最も重要な要素のひとつだといえます。

脇の下のイボは自宅で対処することが可能!

脇の下のイボが「アクロコルドン」だった場合、病院に行かずとも自宅で対処することが可能です。
アクロコルドンは良性腫瘍なので放置しておいても健康に被害を及ぼすことはありませんので、慌てず冷静に対処するのがポイントです。

 

対処法としては、先ほどご紹介した「アクロコルドンが発生する原因」をひとつづつ潰していくのが基本です。
「摩擦」を減らすために脇汗パッドを使用したり、「乾燥」を減らすために保湿クリームを塗ったり、「紫外線」を避けて行動するなどの工夫を欠かさずに行いましょう。

 

それぞれ小さな工夫ですが、アクロコルドンは何年もの肌ダメージの積み重ねによって発生するものなので、何年もかけて丁寧に治していくのが確実性のある方法だといえます。

 

病院で手術することもできますが、摩擦・乾燥・紫外線といった原因が重なれば再発することが多いのもアクロコルドンの特徴です。
再発を食い止めるためにも、まずは日常生活で受ける肌ダメージを減らすための努力を行うのがオススメです。

 

イボケア化粧品を使うのもオススメ

 

アクロコルドンの治療には「イボケア化粧品」を利用するのもオススメです。
イボケア化粧品とは、通常の保湿クリームや美容液などのスキンケア用品に「イボに作用する成分」を加えたものです。

 

基本的に医薬品ではないので即効性は期待できませんが、イボ以外にも様々な肌トラブルに広く対応できるとあって女性を中心に人気を博しています。
イボケア化粧品はいくつかのメーカーによって製造されていますが、なかでもオススメなのが「艶つや習慣」です。

 

艶つや習慣は、肌のターンオーバーを促進するといわれる「ハトムギエキス」「あんずエキス」などの成分を含んだスグレモノです。
これらの美容成分を肌に浸透させることで、肌のターンオーバーを活性化させてアクロコルドンが落ちやすい環境づくりに役立てることができます。

 

顔や首まわり専用のスキンケア用品はいくらでもありますが、艶つや習慣は全身くまなく使えるのが魅力です。
脇の下にも問題なく塗ることができるので、脇の下のアクロコルドンにお悩みの方はぜひ試してみてください。

 

艶つや習慣を使った脇イボのケアの方法

 

艶つや習慣を使った脇イボのケア方法について簡単に解説しておきます。
とはいっても艶つや習慣は使い方が非常にシンプルなので、1度読めばほとんどの方は使い方をマスターできるかと思います。

 

艶つや習慣の効果を充分に発揮させるためには、入浴後の使用をオススメします。
汚れや皮脂が脇についたままの状態だと成分が浸透しずらくなってしまうため、脇はしっかりと洗い流しておきましょう。

 

入浴が済んだら水気をよく拭き取り、いよいよ艶つや習慣を塗っていきます。
さくらんぼ1個分くらいの大きさの艶つや習慣を手に取り、優しくマッサージするように脇に塗っていきます。

 

しばらく塗っていくと肌に馴染んでベタつきが無くなるので、あとはそのまま拭き取らずに放置しておいて構いません。
たったこれだけでイボケアが完了してしまうので、手間がかからず楽チンなのも艶つや習慣の魅力ですね。

自宅ケアで治らない場合には病院へ

アクロコルドンは「老人性イボ」の一種です。
一般的には、老人性イボのなかでも直径が1〜2mm程度のサイズのものをアクロコルドンと呼びます。

 

しかし、老人性イボは長年放置し続けると最大で1〜2cmほどまで大きくなってしまうケースがあります。
このくらいまで大きくなった老人性イボはアクロコルドンではなく「懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)」と呼ばれます。

 

懸垂性線維腫と呼ばれるほど巨大化してしまったイボは、残念ながら自宅でケアすることはできません。
自宅でケアしても治りそうもない巨大なサイズの老人性イボは、病院で治療してもらうしかないのです。

 

ここでは、自宅ケアでは治しきれなかったイボの病院での治療法をいくつかご紹介しておきます。
実際にどの治療法が適用されるかは医師の判断に委ねられますので、あくまで目安として参考にしてみてください。

 

凍結治療

 

小さなイボから大きなイボまで幅広く対処できる治療法が「凍結治療」です。
-196℃の液体窒素をイボに押し当てることで、わざと凍傷を起こしてイボを取り去ってしまう方法です。

 

凍結治療は昔からイボ治療に用いられてきた方法で、今でも多くの病院で施術を受けることができます。
「全国どこの病院でも治療が受けられる」「保険が適用されるので治療費が安い」というのが凍結治療を受けるメリットです。

 

しかし凍結治療はイボが大きいほど強い痛みを伴うため、全くリスクの無い治療法というわけではありません。
「痛みが強い」「再発のリスクが高い」といったデメリットがあるということも覚悟しておく必要があります。

 

レーザー治療

 

比較的小さめのイボに対して行われることが多いのが「レーザー治療」です。
炭酸ガスレーザーを照射してイボを焼き切ってしまうという治療法で、現在あるなかでは最新鋭の治療法です。

 

レーザー治療には非常にメリットが多く、アクロコルドンに対する治療法としては凍結治療よりも優れていると考えられています。
ざっと数えるだけでも「痛みが少ない」「凍結治療より再発性が低い」「広い範囲のイボに対処可能」といった利点が考えられます。

 

唯一の欠点は、イボに対するレーザー治療は保険適用外であるため、治療費が高いということです。
アクロコルドンをレーザー治療で治すのは自由診療となるため、病院によっては凍結治療の10倍近い金額がかかることもあります。

 

外科手術

 

老人性イボのなかでも最も大きな懸垂性線維腫などに用いられるのが外科手術です。
イボをそのままメスで切り取るため、確実性はありますが術後にはそれなりの痛みも伴います。

 

外科手術は、アクロコルドンのような小さなイボに対しては滅多に行われません。
直径1〜2mmのイボをメスで切り取ろうとすると、余計な部分に対してダメージを与えてしまう可能性が高いからです。

 

しかし懸垂性線維腫ほど大きくなると話は別で、これくらい大きなイボは液体窒素やレーザーで除去するよりもメスで切り取ったほうが手っ取り早く、跡も残りにくいのです。

 

外科手術は怖いから受けたくないという方も多いかと思いますが、手術を避けるためにはアクロコルドンが大きくなる前に対処する必要があるといえるでしょう。

脇の下にイボができるのは生活習慣が悪いから!?

脇の下にイボができる原因についてはすでに解説しましたが、実は先述の原因以外にもいくつか注意してもらいたいことがあります。
というのも、脇の下にイボができるのは「生活習慣が悪いから」という原因も少なからず関係しているからです。

 

まず気をつけてもらいたいのが「食生活の乱れ」です。
脂っこいものや甘いものばかり食べていると肌荒れの原因になる…という話を、誰でも一度は聞いたことがあるかと思います。

 

食生活が乱れると肌のターンオーバーまで乱れやすくなり、結果として全身の至るところが肌荒れの危機に晒されるわけです。
もちろん脇の下の皮膚だけが例外なんてことはありませんから、食生活を正すことも脇の下のイボを治すために重要な対策になります。

 

次に多いのが「睡眠不足」。
人間は、寝ている間に成長ホルモン(若返りホルモン)を多く分泌するため、睡眠時間が足りないと肌が受けたダメージが回復できなくなります。

 

しっかりと睡眠時間をとっていれば、ちょっとくらい紫外線を浴びたり摩擦を受けたりしていても傷ついた皮膚細胞は寝ている間に修復されますが、ずっと起きているとそうもいきません。
日常生活で受けた肌ダメージをしっかり回復させるためには、早寝早起きを心がけて規則正しい睡眠を目指すことも大切なのです。

 

他にも、飲酒や喫煙など、私たちが普段なにげなく行っている習慣のなかには肌に悪い行動がたくさんあります。
これらの原因を少しずつ改善し、正しい生活習慣を目指すことは、気になるイボを改善するための大きな一歩になるはずですよ。

イボ対策に大人気!艶つや習慣とは

先ほどもチラッとご紹介しましたが、脇の下のイボのケアにオススメの「艶つや習慣」についてもう少し詳しく解説しておきます。
艶つや習慣は数あるイボケア化粧品のなかでも人気の高い製品なので、イボに悩む方なら知っておいて損はないはずです。

 

艶つや習慣は、オールインワンジェルタイプのイボケア化粧品となっています。

 

これひとつで角質ケア・化粧水・乳液・美容液・保湿の5つの効果を秘めているので、普段使いのスキンケア用品としても人気です。
ハトムギエキスやあんずエキスといったイボ対策に効果的な成分を含んでいるため、効率的に脇の下のケアを行うことができます。

 

なんとこれまでにシリーズ累計60万個を売り上げた大人気商品で、イボに悩む女性を中心に絶大な人気を誇っています。
美容成分98%と純度の高い化粧品に仕上がっているので、女性だけでなく男性やお子さんのスキンケアにも問題なく使用できます。

 

艶つや習慣はどこに売っているの?

 

艶つや習慣は、製造元の公式サイト限定販売の商品です。
ドラッグストアや化粧品売り場などの実店舗での販売は行っていません。
また、Amazonや楽天などの大手ネットショップですら取り扱っていない製品なのです。

 

実は、公式サイト限定販売にすることで、艶つや習慣は常に最安値での販売価格となっているんです。
仮に公式サイト以外の場所で販売されていたとしても、転売品の可能性が高いので値段が高くなってしまいます。

 

メーカーの公式サイト限定販売という処置をとることで、ユーザーが転売品・類似品を購入してしまうリスクが減らしています。

 

艶つや習慣が50%オフで購入できるたったひとつの方法

 

艶つや習慣は基本的に公式サイトからしか注文できません。
しかし公式サイトでちょっとした裏ワザを使うことで、かなりお買い得な価格で購入することができるんです!

 

その方法とは、艶つや習慣の「定期便」を利用することです。

 

艶つや習慣の通常価格は約1ヶ月分で4.104円なのですが、定期便を利用すると初回購入時のみ50%オフの2.052円に値下がりするんです。
しかも通常購入だと送料として別途630円がかかってしまいますが、定期便の場合は送料無料で商品が届くのでかなりお得です。

 

艶つや習慣の定期便は簡単に解約できる!

 

艶つや習慣の定期便には、なんと一切のデメリットがありません。

 

普通、スキンケア用品の定期便に申し込むと「○回は買わないといけない」とか「○ヶ月は続けないといけない」なんて制約があるものです。
ところが艶つや習慣の定期便には何の縛りもありませんので、最初から1回しか買わないと決めている方でも定期便に申し込んでいいんです。

 

解約する方法も簡単で、申し込んでから1回目に商品が届いた時点でメーカーに電話するだけ。
「定期便を解約したい」と告げれば、特に引き止められるようなこともなくアッサリ解約できてしまいます。

 

もちろん、1回しか購入しないという人でも初回50%オフの価格で艶つや習慣を手に入れることができますので、これを利用しない手はありませんよね。
お試し気分で注文しても咎められませんので、脇の下のイボに悩んでいる方は遠慮なく試してみてください!

脇の下のイボはちょっとした工夫で治せます

脇の下にできる可能性の高い「アクロコルドン」の話を中心に、イボの対策法について色々ご紹介してきました。
ここまでの話をまとめると、脇の下のアクロコルドンは「原因を潰し」「生活習慣を整え」「艶つや習慣を使う」という3ステップで改善の余地があるということです。

 

脇の下のイボについてよく知ってもらうために詳しく解説してきましたが…こうしてまとめると、そう難しい方法ではないことに気づくはずです。

 

そう、脇の下のイボは意外なほどに、ちょっとした工夫で治ってしまうものなんです。
もちろん症状の重さには個人差がありますので、どうすれば治るかをここで断言することはできませんが、上記のポイントを踏まえればアッサリ改善してしまう方も少なくないはずです。

 

それでも治らなかったり、痛みや腫れなどの症状を併発している場合は、別の病気の可能性がありますので皮膚科を受診してみましょう。

 

今回、効果的な脇イボの治療法としてご紹介した「艶つや習慣」の公式サイトには、さらに詳細なイボ対策についての情報も掲載されています。
艶つや習慣の口コミやメカニズムについても詳しく解説されていますので、もっと詳しく知りたい方は公式サイトを覗いてみてくださいね。